将来、飲めくなる!?コーヒー2050年問題を考える

コーヒー2050年問題をご存知ですか?毎日のコーヒーが日課になっている人も多いはず。手軽に飲めるコーヒーが2050年には飲めなくなってしまう可能性があります。コーヒーの抱える問題と私たちにできることを一緒に考えていきましょう。

コーヒー

コーヒー2050年問題とは

毎日飲む方はもちろん、カフェブームもあり日本ではコーヒーの需要は増加しています。しかし地球温暖化による気候変動などが原因でコーヒー豆のなるコーヒーノキの栽培が50%に減ってしまうと言われています。価格の高騰、コーヒーは身近な飲み物ではなくなってしまう可能性が懸念されています。

コーヒー豆の栽培に適した環境

まずはコーヒー豆の栽培に適した環境を知っておく必要があります。主にブラジル、アフリカなど赤道付近の熱帯・亜熱帯地域のコーヒーベルトと呼ばれる地域で栽培されています。しかし実は平均気温20°前後の気候が適していると言われています。

コーヒー豆

適した環境とは

  • 平均気温20°前後

  • 強すぎない日当たり

  • 適度な雨量(雨の降る時期と降らない時期とのメリハリが重要)

  • 水はけの良い土壌



気候変動で起こる影響

デリケートなコーヒーノキは気候変動に大きな影響を受けます。

気温上昇

20°前後の気候で育つコーヒーノキは近年の異常な気温に影響を受けます。高温はコーヒーの生育に適している特定の地域でさえも、生産性を低下させる可能性があります。一部の地域では、高温によって豆の品質や収量が低下し、品質の低下や生産量の減少が懸念されます。


 降水量の変化

コーヒーノキは雨季と乾季のはっきりとした気候が適しています。気候変動により雨季と乾季の境界線が曖昧になります。不規則な降雨パターンや長期の干ばつは、コーヒー豆の生育や収量に悪影響を与えます。


病害虫の増加

気候変動は病害虫の生息地や発生期間が変化にも影響を及ぼします。これにより、コーヒー豆への害虫被害が増加し、生産量の減少や品質の低下が引き起こされます。


農地の減少

気候変動による自然災害や海面上昇などは、農地の減少や耕作可能な地域の変化をもたらす可能性があります。また労働環境も決して良くなく低賃金、多くの子どもたちが働かざる負えないのが現状です。

コーヒー農家




私たちにできること

日本では手軽に手に入るコーヒー。近い将来、高価で手に入りにくいものにならないよう今私たちにできることを考えていきましょう。


地球温暖化対策

まずはやはり温暖化対策。温室効果ガスの削減や森林保護などの気候変動対策を推進し、コーヒーの生育環境を保護します。エコバックの持参、食材の無駄をなくすなど身近な取り組みから始めましょう。


持続可能な農法の促進

より持続可能な農法や栽培技術の普及を促進し、生産効率や耐病性を向上させます。ここにもSDGsが関連してきますね。環境に配慮したコーヒーを選ぶことがコーヒー栽培の支援につながります。

環境に配慮したコーヒーを購入する

 例えば、備長炭焙煎はコーヒー本来の甘みとまろやかな質感を引き出し、通常のガス焙煎とは一味違った味わいを生み出します。また、炭火は環境に優しい熱源であり、SDGsにも貢献する焙煎方法です。

炭火焙煎を行うことで環境に配慮したサスティナブルコーヒーなどを購入することはコーヒー生産者を支援することになります。



コーヒーの未来のために

コーヒー

近年の異常気象でみなさんも地球環境の変化を実感しているでしょう。コーヒーが手に届かないものにならないよう身近なところからできることを始めてみませんか?ブランドの取り組みでコーヒー豆を選んでみたり、エコを意識したり私たちの少しのアクションが大きくなれば未来に貢献できるはずです。


  • この記事を書いた人

Doremi

生活に少しのアソビとヨユウを見つけて欲しい。主婦のメモに残しておきたいちょっと役立つ情報を更新。【忙し主婦の応援memo】

-暮らし