【初心者向け】格安スマホ5社比較

どれみ
どれみ

こんにちは!格安スマホ歴3年のどれみです♪

格安スマホに変えたくて比較したけど多過ぎてよく分からなくなった。そんな私と同じ初心者のみなさんのためにまずはこの5つ!という5社に絞りました。

まずこの5つからの契約でも大手キャリアの方は今の携帯料金よりお安くなるはず!

私も実際に大手キャリア(au)からの乗り換えで1万円近くから→3764円になりました♪

でも機種変更は違約金とかで簡単にはできないんじゃない?

ケン
ケン

格安simのスマホは解約金が発生しない会社も多いのがメリット!

合わないなと感じたら他も試めして自分に合ったものを見つけられますね♪

格安スマホ(SIM)とは

利用回線をdocomo・au・SoftBankなどの大手携帯電話会社(キャリア)からインターネット回線や通信回線を借り、インフラ設備や初期投資費などのコストを削減することで、格安でサービス提供をしているのだそう☝️

docomo・au・SoftBankを使っている方は多いと思います。そこでau回線のUQ mobile、SoftBank回線のワイモバイル・LINEMO、docomo回線のahamo、そしてCMや楽天カードを持っている人は聞いたことがある楽天モバイルの5社に絞りました。これを聞くと少し抵抗はなくなるのではないでしょうか?

〜早見表〜

月額料金月間データ容量利用回線最大ギガ数
1628円〜   3G〜 au 25GB
 990円〜3GB〜SoftBank20GB
2178円〜3G〜SoftBank25GB
2970円〜20GB〜docomo100GB
1078円〜1G〜楽天(一部au)無制限

たくさん書いても分かりにくいので特徴を1社ずつ料金、メリット・デメリットで比較していきましょう!

UQ mobile

月額料金Sプラン 3G〜Mプラン 15G〜 Lプラン 25G〜
メリット通信速度の安定◎口座振替で支払えるのでクレジットカードを持ってない人にはオススメ。
デメリット他社と比べて料金高め。一部プランに契約期間がある。

au回線の安定した通信速度と店舗がある安心感◎

LINEMO

月額料金ミニプラン3G 990円スマホプラン20G 2728円
メリット料金が20Gでも2728円とお安い。LINEの消費データゼロ!初期費用や解約金なし。お得なキャンペーンを随時行っている。
デメリット店舗を持たないことで格安提供しているの為、契約・サポートはオンラインのみ。通話代が高い。

安さに評価あり◎一方で対面でのサポートや店舗がないと不安な人には不向き。

ワイモバイル

月額料金Sプラン 3G 2178円Mプラン 15G 2980円Lプラン 25G 3780円
メリット家族割やおうち割でファミリーにオススメ◎PayPayやYahoo!ショッピング関連のサービスがお得。店舗が各地にあり対面サポートが受けられる。
デメリット他社の格安SIMと比べると料金が高め。カスタマーセンターに繋がりにくい。

他社より高めなものの、家族で乗り換えたらお得に♪

ahamo

月額料金20GB 2970円100GB 4950円
メリット通信速度の安定◎支払いをdカード/GOLDにするとデータ容量の増量やポイント還元を受けられる。海外82カ国でそのまま使える!
デメリット契約・サポートはオンラインのみ。ドコモショップではサポートは受けられない。留守番電話・転送電話のサービスなし。

d払いも対応しているので、ドコモユーザーにはオススメ

楽天モバイル

月額料金3Gまで 1078円20Gまで 2178円無制限 3278円
メリット楽天ポイントが貯まる◎契約期間・解約金なし。海外も毎月2GBまで無料。アプリでの通話で海外から日本への通話も無料。
デメリットデータ無制限となるのは楽天エリアのみで通信環境は他と比べて劣る。パートナーエリア(au回線)は毎月5Gまで。iPhone版Rakuten Linkアプリ導入で通話やSMSをしないと有料に。

楽天回線エリアに対応していればポイントも貯まり楽天ユーザーには申し分なし!

いかがでしたか?大まかですがそれぞれ特徴がはっきりしていたのではないでしょうか?あとは自分の用途や環境で決めるだけでOK!

格安スマホに変えてない方は少しでもお安くなると思いますよ♪物価の上がっている昨今、新学期の固定費の見直しはスマホから😊

格安SIMをどこにするか決まった方は次のステップにどうぞ↓

  • この記事を書いた人

Doremi

生活に少しのアソビとヨユウを見つけて欲しい。主婦のメモに残しておきたいちょっと役立つ情報を更新。【忙し主婦の応援memo】

-カフェ