アメリカ観光で使い倒したウーバーの使い方と注意点

Uber

アメリカ観光に便利なUber(ウーバー)。タクシーより安価でアプリでお手軽に車を手配できることから人気があります。

実際にアメリカ観光でウーバーを利用してきたので、使い方や注意点、レビューをご紹介します!


アメリカ観光の準備してる?

・海外Wi-FiレンタルはグローバルWiFi

・テーマパークをお得に予約Klook

・90日以内の渡米に必須なESTA申請についてはこちら

・アメリカのお土産事情とおすすめについてはこちら

ウーバー(Uber)とは

一般のドライバーが自分の車でお客を乗せて送迎をする配車サービス。アメリカで生まれ車社会のアメリカに革新をもたらしただけでなく、観光客にも多く利用されている。

どれみ
どれみ

ロサンゼルスで利用しましたが、車社会を痛感!


まずはアプリをダウンロード


ダウンロードはこちら👉Uber Global Riders

Uber(ウーバー):タクシーが呼べるタクシー配車アプリ
Uber(ウーバー):タクシーが呼べるタクシー配車アプリ
無料
posted withアプリーチ


【アカウント設定】
名前
電話番号
メールアドレス
クレジット情報 など。

クレジット引き落としなので降車の際、支払いがなく楽です。

しかし知らぬ間に追加で引かれていることもあるので、アプリなので随時引き落としの状態を見れるカード(デビットカードなど)を登録するのがオススメ。

特にその国の言語が分からない場合は理解できないまま引かれていることもあるので、注意しておきましょう!


車の手配しよう!

①行き先を入力

するとすでに今いる位置(現在地)が表示されます。

②目的地を入力。(日本語でも出てきてくれますが念のため地図で確認しましょう)

ウーバー


③値段と車種を選び手配します。

ウーバー


日本のタクシーと違い前もって値段が分かるのはとてもありがたい✨

◯分後にお迎えにあがりますと表示されたら手配は完了。ナンバープレートの番号を確認して待ちます。

車の写真やドライバーの顔写真まであるので安心感もあります。

到着のお知らせが来たのに車がない!と言うときは「ドライバーへのメッセージ」でメッセージを送ることもできます。

現在地に車が停めにくいと少し離れた所に来ている可能性があります。

英語翻訳のきごちないメッセージでも伝わりましたよ◎


乗車

乗車後は目的地は設定してあるので説明する必要はないですし、簡単に挨拶をして目的地まで乗せてもらいましょう♪

どれみ
どれみ

話かけてくる人や来ないも人それぞれ。印象の悪いと感じることも少なかったですよ。

よかった点◯
・暑いか寒いか聞いてくれた
・日本好きのドライバーが美空ひばりを流す


悪かった点×
・100%で車内で音楽が流れていますが音量が大きすぎる・・・
・運転の荒さ(プロのドライバーではないのでこれはしょうがない)



降車

乗車後はドライバーへの評価とチップの支払いをして終了です。

チップは何%か設定されているので押すだけ!(任意の金額も加能です)

対応がひどい方にはなしでもいいと思いますし、親切な方や長距離だった場合には多めに支払うくらいに気楽に捉えましょう!

飛行機で一緒になったロス在住の方は「大体5〜10%・対応が酷い時はなし」にしているそうです。Uberに乗る際は参考にして下さい♪


ウーバー


チップもクレジットで引き落としなので楽チン♪





予約

ウーバー


早朝・深夜便や前もった予定がある時は予約を取ることも

前日乗車拒否のトラブルにあったので朝便に間に合うか心配になり6時台の予約を取りました!

LAなどの都市では車の手配に苦戦することはないですが、うまく予約を利用するといいですよね。

飛行機の時間は決まっているので予約が◎



トラブル

ここからはトラブルとその対処について

問題が発生した場合はヘルプの項目から問い合わせます📩


トラブル①清掃料金

子どもが酔ったのか少量の嘔吐。幸いにも車内は全く汚れておらす、子どものブランケットが汚れた程度。降車の際、携帯のライトで汚れがないことを再度確認。

申し訳なさもあってので謝罪とチップを普段の倍支払った。

しかし翌日明細を確認すると2万円以上の清掃料金の徴収が。

すぐに状況を踏まえて問い合わせ。

70%の金額が返金されました。こちらも迷惑はかけたので30%の徴収は飲み込むことに。


トラブル②強制キャンセル料

子どものチャイルドシートがないことを理由に乗車拒否されキャンセルすることに。

しかしなぜかキャンセル料5ドルに承認しないとページが進まない😰

「いいえ」にしても前の画面に戻り同じことの繰り返しなので仕方なく承認。

問い合わせ

Uber  Cash として返金


トラブル③帰国後の謎の追徴

帰国から2日後に突然の700円程度Uberから引かれていることが判明。

問い合わせ、何に対する追徴なのか調査依頼

現在も調査中



まとめ

4人乗りでも大きさはそれぞれ。キャリーケースやベビーカーなどの大きな荷物がある時は少し多めの人数設定の車を選ぶのがいいでしょう。

大人2人・子ども1人・・・キャリーケース2つ、折りたたみベビーカー
→4人乗りを手配するもギリギリ😰

帰りは6人乗りを手配
→余裕もあって◎

小さい子は親がシートベルトをしたお膝の上に乗せてあげましょう。

カードの引き落としを常に管理しよう。

清掃料金の請求にならないよう飲み物や汚れに気をつけよう。


様々なトラブルが起きる海外旅行。それ以上にたくさんの経験や素晴らしい景色が見えます✨

Uberをうまく利用して旅行を楽しみましょう♪


▼今回エクスペディアで航空券+ホテル予約▼








  • この記事を書いた人

Doremi

生活に少しのアソビとヨユウを見つけて欲しい。主婦のメモに残しておきたいちょっと役立つ情報を更新。【忙し主婦の応援memo】

-お出かけ, 海外旅行