読み聞かせ英語絵本オススメ16選

読み聞かせ

英語に触れさせたいけど、英語で読み聞かせできるかな?何を読んだらいい?英語が苦手なママパパでも安心。人気の読み聞かせ絵本をテーマ別に紹介。

英語絵本の選び方と年齢や成長に合わせた人気絵本をまとめています。

我が家でも積極的に取り入れています。

英語絵本の選び方

絵本読み聞かせは「脳を育てる遊び」として重要な役割を持っています。日本語を習得途中の子どもにいきなり難しい外国語は苦手意識を持たれてしまい逆効果!お子さんの興味やレベルに合わせた絵本を選ぶのが大切です。

子どもの興味があるもの

子どもの興味がありそうな絵本を選んであげるのがいいでしょう。年齢に合わせてお子さんに最適な絵本を選ぶことで楽しく英語を学べます。


イラスト

子どもは好みのイラストやカラフルな絵柄を好み繰り返し読みます。イラストから入るものOK!

親子で楽しむ

ママやパパも楽しめる絵本を選びましょう。絵本読み聞かせに大切なのは親子で楽しむこと。

読み聞かせ


読み聞かせ英語絵本


赤ちゃんと

コミュニケーションや歌に合わせて楽しめる絵本は乳幼児にオススメ。1文も短く英語が苦手なママも安心。


Time for a HUG

文中に何回か出てくるTime for a HUG.の時はお子さんとハグ!赤ちゃんとコミュニケーションをとりながら読みたい♪


I Love You to the Moon and Back 

日本語訳は「だいすきだよおつきさまに届くほど」寝る前に読んであげたい親子の愛情いっぱいの絵本。


Twinkle twinkle little star

誰もが一度は聞いたことあるあの曲⭐️子どもと一緒に歌いながら英語を楽しめる♪


しかけ絵本

ベビーには言葉よりまず、触れたり見たり楽しめるしかけ絵本で読み聞かせ。出産祝いやプレゼントにも喜ばれる。


Where Is Maisy?

Maisy(メイシー)のシリーズ絵本。ドアを開けたり楽しいしかけがいっぱい♪


My First Busy Book

ギフトにもぴったりなしかけ絵本。大きさもあって0歳児の反応もいいと評判!



単語を覚える

ABC、動物などの単語は英語に慣れる第一歩。写真を見ながら楽しめる。言葉が出てきたころから一緒に声に出して読んでみよう。


Spot Goes to the Farm

牧場にはどんな動物がいるかな?人気のSpotシリーズ。


Dear Zoo

動物園の動物も子どもはだいすき。どんな動物が隠れてる?小さなしかけも楽しめる。


First 100 Words

100のワードを見やすい写真と一緒に覚えられる!ジャンル問わずさまざまな言葉が載ってます。


Hello,World! Solar System

宇宙に興味を持ったお子さんにはコチラ。

ベストセラーで大人気の絵本。カラフルで楽しい子どもの好奇心を刺激する1冊。


Look inside your body

身体の部位を英語で覚えよう!

4歳〜がオススメ。少し難しいですが最初は絵を見るだけでも楽しい!


マナー

絵本で英語のマナーを身につけよう。シンプルな単語が多いので小さいお子さんでもOK。


Excuse me !

Excuse me(失礼)、No,Thank you(いらない)などの簡単な単語を本をめくりながら楽しく覚えよう。

2歳の娘も口を押さえながらExcuse me.と言っています笑


I Can Share!

同シリーズ。分け合う大切さ、共有について一人っ子や兄弟ができる前に読んでみるのもオススメ。


A Potty for Me!

2歳を過ぎたら始まるトイレトレーニング。英語とトイトレのダブル習得を目指せる。


物語

物語は文も長くなりママの知らない単語も。ママの勉強にもなる。子どもと一緒にLet‘s English!


The Very Hungry Caterpillar

馴染みのあるはらぺこあおむしを英語で読むのはいかがですか?「英語ではこう言うんだ!」と日本語との比較をしながら読むのも面白い。


From Head to Toe

頭からつま先までを動物の動きと一緒に楽しめる絵本。ポーズもしっかりとって!


On the First Day of Kindergarten

幼稚園生活の絵本。これから保育園、幼稚園に行く予定のお子さんに楽しいイメージをしてもらおう!



さいごに

読み聞かせ


いかがでしたか?

英語に触れるならまずは絵本で初めて見るのもいいですね。英語が苦手でも大丈夫。読み聞かせに大切なのは親子で楽しむこと。

自分では買う機会も少ないので旅行のお土産やプレゼントとしても喜ばれます。

英語が必須科目になり英語は今後さらに重要になります。子どもの頃から英語に触れて苦手意識をなくし学習の入りをスムーズにしましょう。



  • この記事を書いた人

Doremi

生活に少しのアソビとヨユウを見つけて欲しい。主婦のメモに残しておきたいちょっと役立つ情報を更新。【忙し主婦の応援memo】

-育児